『重度障害者』の介護に入っていただけませんか?

『重度障害者』の介護に入っていただけませんか?

2021紹介パンフ

 私は京都市のある地域で一人暮らしをしている、“重度の身体障害者”です。

 進行性筋ジストロフィー、という身体中の筋肉が動かなくなる難病のため身動きに重い障害があり、車イスでの移動など日常生活のあらゆる動作に介護が必要です。健常者の介護が無ければ食事も排泄もままならず、人としての日常生活が送れません。

 介護の主な内容を挙げますと、

1、車椅子で出かける時の“外出介護”

2、食事介助や排泄時での“日常介護”

3、夜から朝の“泊まり介護”

 などです。

 私はこれらの介護を大学生・社会人を問わず、様々な立場の人たちに介護に入ってもらいながら日常生活を十数年送り続けています。とくに京大生の介護者との関わりは長く、介護を通じて障害者と介護者の間でしか生まれ得ない、一風変わった人間関係を作ってきました。

『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』(映画 2018年)

という、私と同じ筋ジストロフィーの人の自立生活をモデルにした作品がありますが、私の生活も多少の差こそあれ、その映画で描かれている内容に近いものです。

 ただ、ここ数年、介護に入ってくれる学生さんが少なくなっており、非常に危機感を持ってこのお願いを伝えています。

 新入生の皆さん、どうか私に力を貸してもらえないでしょうか?

湯口 真(ゆぐち まこと)☆
☆ 連絡先:090-5362-4045 ☆

※はじめは、既に介護に入っている寮生の人と一緒に、実際の介護の様子を見てもらうだけでも大歓迎です。よろしくお願いします。

2021年春