ここはひみつきちよしだりょう。年3万で住めて、大学まで徒歩一分で行けて、暇なときには寮生がいる最高のおうち。

<お知らせ>

◎ 2月27日(月)第一回証人尋問/報告集会開催のお知らせ

「吉田寮現棟・寮食堂明渡請求訴訟第一回証人尋問」が、2023年2月27日に開かれます。合わせて、裁判報告集会を開催します。奮ってご参加ください。

第一回証人尋問
日時:2023年2月27日(月)11時開廷(昼休憩はさみ、13時半から再開)
場所:
京都地方裁判所101号法廷
内容:
① 京大職員に対する証人尋問
 2017年の「退去期限」通告当時、寮自治会への対応を担当した大学職員に対し、証人尋問を行います。
② 元・学生生活委員(教員)に対する証人尋問
 吉田寮自治会と京大当局の団体交渉に参加した経験をもつ、当時の学生生活委員の教員が証言を行います。
③ 吉田寮生に対する証人尋問
 被告になっている吉田寮生の内1名が証言を行います。なお第二回証人尋問では他に5名の寮生の証言が予定されています。

【傍聴抽選情報】裁判の傍聴は当日抽選になる可能性があります。抽選の有無や時間は、期日のおよそ1週間前に裁判所のHPにて発表されます。また、1日に3名の証人尋問が行われるため、途中昼休憩が挟まります。午前中傍聴ができない方も、席に空きがあれば午後から傍聴できる可能性があります。

裁判報告集会
口頭弁論終了後、報告集会を開催します。下の参加申し込みフォームからお申し込みください。

<対面集会>
日時:2023年2月27日(月)18時頃(若干後ろ倒しする可能性があります)
場所:京都教育文化センター1階103号室(左京区聖護院川原町4−13 京都地裁より徒歩15分)
参加方法:事前予約制(〆切:2月24日21時)。会場の規則により感染症対策のため、90名程度を上限とします。申込が定員を超えた場合、抽選を行います。参加可否は2月25日までにメールでご連絡します。※対面集会終了後、吉田寮食堂で交流会を開きます。ぜひお越しください。予約は不要です。

<オンライン交流会>
日時:2022年2月27日(月)21:00~
形式:zoom(各自、zoomのミーティングルームに参加できる環境の準備をお願いします)
途中入退場自由です。
参加方法:事前予約制(〆切:2月24日21時)。参加人数が多い場合は、ミーティングルームを分割したり、場合によっては参加をお断りする事があるかもしれませんが、ご了承ください。2月25日21:00までに主催からのメールが送られて来ない場合は、送信の手違いなどが考えられますので、お手数ですが yoshidaryo.kohoshitsu@gmail.com まで連絡をください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<吉田寮裁判報告対面集会・zoom交流会参加申し込みフォーム>
https://forms.gle/JSpcoz7QXGQpRAkC8
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

◎「『吉田寮自治会』名義の入寮募集について」に対する抗議声明

公開しました。リンクはこちら→ https://www.yoshidaryo.org/archives/seimei/2339/

◎現棟屋根の自力補修実施とカンパの呼びかけについて

 吉田寮自治会は、2022年8月5日付で大学役員会に対して、「現棟老朽化対策のための話し合いの再開と現棟の継続的補修を求める要求書」を提出しました。
 現在大学当局は従来行ってきた吉田寮現棟の維持管理のための補修を拒否しています。吉田寮自治会は、これ以上当局が補修を拒否するのであれば、大変遺憾ですが、現棟の福利厚生機能を維持し将来的な現棟の補修存続の可能性を絶たないため、ある程度規模の大きい補修を含め自分たちで行わざるを得ないと考えます

 要求書に対して、教育推進学生支援部を通じて「8月末に行われる役員会が集まる場において本要求書を咨る」という旨の連絡があり、9月1日にその結果と思しき「回答」なる文章を受け取りました。しかし残念なことにその内容は、ごく一部を除いて現棟の補修を拒否するというものでした。よって、吉田寮自治会はこれに対して抗議し再考を求める声明を発出するとともに、かねてより予定していた現棟居住棟の屋根の自力補修(業者委託)に着手することとしました

補修内容や自力補修に至る経緯については、8月5日付けで発表した声明「吉田寮現棟の補修に関する京大役員会への要求書提出と現棟屋根の自力補修計画について」をご覧ください。

◉今回行う屋根の修繕は、比較的規模の大きい補修であり最大で1,118,040円の費用がかかる見積もりです。吉田寮自治会の財政のみで実施していくことは困難であるため、吉田寮自治会の主張に賛同いただける皆様には可能であれば、補修費用のカンパをお願いいたします。詳しくは9月6日付けで発表した文章「現棟屋根の自力補修を実施することと、カンパの呼びかけについて」をご覧ください。

吉田寮紹介パンフ2022web版を公開しました

今年も沢山原稿が集まりました。ぜひご覧ください。

2021年版はこちら。2020年版はこちら

◎『吉田寮入寮Q&A』を用意しました。

主に入寮希望者向けの、入寮を検討する際に役立つ情報が簡潔にまとまったページです。URLはこちら

 

◎署名を集めています。【LINK(Change.org)】

吉田寮自治会の呼びかけのもと、署名を集めています。2019年2月20日現在5,200筆以上。

2019年2月20日、大学当局に提出しました。引き続き署名を集めております。ご協力よろしくお願いいたします。

◎カンパのお願い

吉田寮の存続のため、カンパを集めています。

いただいたカンパは吉田寮自治会が責任を持って管理し、

・広報費用

・インフラに関する費用(大学当局が電気、ガスなどを止めた場合)

・訴訟費用(裁判に持ち込まれた場合)

などに使わせていただきます。

口座は以下の通りです。

ゆうちょ銀行

吉田寮在寮期限対策局

店名:四四八

店番:448

種目:普通預金

口座番号:4373830

ご協力、ご支援賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。