2018年2月22日:2018年吉田寮春季入寮募集宣言

2018年 吉田寮 春季入寮募集宣言

( Manifesto of Yoshida dormitory’s recruits 2018 spr. : Check QRcode below /2018年 吉田寮 春季入住者招募宣言)

2018年2月22日

吉田寮自治会

2017年12月19日、京都大学は『吉田寮の安全確保についての基本方針』を公表しました。この方針には、京都大学が2018年1月以降の吉田寮への新規入寮を認めないことなどが記されています。

Last december, Kyoto University published “The Basic Policy of safety of Yoshida-dorm”. In this policy, Kyoto University prohibits the dorm from accepting new students, effective as of January 2018.

2017年12月19日,京都大学公布了『吉田寮の安全確保についての基本方針』(关于确保吉田寮安全的基本方针)。该方针明确指出,京都大学不认可吉田寮在2018年1月之后进行新的入住者招募。

しかし私たち吉田寮自治会は、学生の福利厚生施設・セーフティーネットとしての寮であるために、またその自治・自主管理を続けていくために、今まで通り新規入寮者を受け入れることが欠かせないと考えています。ですから、私たちは2018年度春期も入寮募集を実施します。

However, we, Yoshida-dorm committee, will not follow this policy. Yoshida-dorm has been a welfare facility as well as a safety net, securing basic human rights of students. This has been achieved through sovereignty and autonomy of dorm independence from Kyoto University. In order to keep it that way, we believe it is necessary to continue exercising our rights. We will be accepting new dorm applications for spring 2018.

但是吉田寮自治会(以下简称“我们”)认为,吉田寮作为学生的福利设施和生活保障必不可少。以及为了延续吉田寮的自治和自主管理,入住者招募仍需按照以往的方式进行。所以,我们决定依旧实施2018年度春季的入住者招募。

吉田寮は京都大学の福利厚生施設です。すなわち、何らかの理由で京都大学に通う必要がある・通いたい学生のための施設です。吉田寮はここ約30年にわたって入寮資格を自主的に拡大し、年齢・性別・国籍を問わず京都大学の学籍を有する者に住居を提供してきました。

Yoshida-dorm is a walfare facility in Koyoto University for people who need to go to kyoto University.Yoshida-dorm has been expanding in eligibility qualifications independently from the University over the course of 30 years, and now, anyone can apply, regardless of student status, sex, or nationality.

吉田寮是京都大学福利设施。换言之、是为需要上学的学生给予便利的设施。吉田寮在最近的30年间,自主扩大了入住资格。不论年龄,性别,国籍,吉田寮为有需要的京都大学学籍者持有者提供住所。

もしいま吉田寮が入寮募集をやめたら、大学側が提供している経済・住居支援は代わりとなるでしょうか。

If Yoshida-dorm stop accepting new dorm applications, will Kyoto University financial and housing support be alternatives for Yoshida-dorm?

如果现在吉田寮停止入住者招募、由大学提供的经济支援和住居支援能作为代替吗?

――答えはNoです。京大の授業料免除・奨学金制度には問題があります。異なる保障もまた必要です。

――The answer is No. Kyoto University finantial supports has many problems.

――答案是No。大学提供的学费减免制度和奖学金制度有不足。必须有其它方式的生活保障。

――答えはNoです。研究生・留学生等が安く簡単に住める寮がありません。大学管理寮は不十分です。

――The answer is No. There is no other dorm that is affordable and that can be enrolled relatively easily by foreign students

――答案是No。大学管理的宿舍有不足。没有能够让研修生和交换生等方便而低价入住的宿舍。

――答えはNoです。大学管理寮の入居上限は1年で、セーフティーネットとして機能していません。

――The answer is No. You can live for only one year in other dorms maneged by Kyoto university.

――答案是No。大学管理的宿舍的居住年限为一年,作为生活保障有所欠缺。

吉田寮は大学で学ぶ人・学びたい人のセーフティーネットであり続けてきましたし、そして今後もそうあり続けたいと考えています。不断の努力によってこそ、このような福利厚生施設およびその基盤である自治・自主管理は存続できます。

Yoshida-dorm has been a welfare facility as well as a safety net, securing basic human rights of students.And we think that we would like to continue as it is in the future. With constant efforts, and autonomy as well as self management at its foundation, welfare facilities can survive.

吉田寮一直致力于为有学习意愿的学生的提供应有的生活保障,并且希望今后也能如此。维持这样的福利设施,以及本福利设施的基础:自治和自主管理,需要不断的努力。

また、吉田寮では物事を考える上で当事者と対話し、合意形成を図るということを何よりも大切にしてきました。この当事者との対話を尊重するのであれば、入寮募集を行なった上で、その希望者に対し真摯に今の状況を説明していくべきであると私たちは考えます。私たちはこの場所を求める人たちをある日突然追いだしたり、話し合いを打ち切ったりすることは決してしません。「窓」はいつも開かれています。

Yoshida-dorm cherishes the importance of forming consensus by talking with the parties in considering things.So,we think Yoshida-dorm Should not stop accepting new applications and that We should explain the current situation seriously to the applicants. We will never force out people who ask for this place suddenly one day or stop discussing. “Window” is always open.

在吉田寮,解决矛盾的首要原则是“三思,当事人进行沟通,通过沟通达成共识。”正因如此,我们十分尊重与当事人的对话,在进行入住者招募时,我们认为有必要真诚地说明宿舍现在的状况。我们绝对不会突然把需要这所宿舍的人赶出去,或是拒绝与当事人的沟通。沟通的“窗口“一直是敞开的。

今や京都大学では、自由と対話ではなく管理と命令が行われようとしています。しかし、私たちはあくまでこれまで通りに自治を主張し、当事者らと大学との話し合いによる老朽化対策の取り扱いを求めます。私たちは約40年にわたり話し合いで老朽化対策を前進させてきました。いま前進を妨げているのは、過去を軽んじて現状を誤認し、未来を命令する京都大学です。「窓」を閉ざしているのは京都大学です。したがって、これまで結んできた確約に則る話し合いをせず一方的に入寮募集を停止させる京都大学に抗議します。

We have been thinking and making progress in finding a solution for the deterioration through discussion with the university for 40 years. So, We insist on self-governing of Yoshida-dorm as before and seek handling of solution for deterioration by discussion between parties and Kyoto university. Now,Kyoto University misunderstands the current situation by mistaking discussion in the past and Interfere with the progress. Therefore, We are protesting against Kyoto University because they have forced us to stop accepting applications one-sidedly without discussion.

现在的京都大学轻视自由和沟通,重视管理和命令。但是,我们仍主张一直以来的自治,并且希望入住者和大学方面通过沟通来决定关于房屋老朽化的对策。我们在此问题上已经花了大约40年。然而大学方面对于过去历史的轻视,对于现状的错误认识,以及对于未来的命令姿态阻碍了问题的解决。京都大学向我们关闭了沟通的“窗口“。所以,对于京都大学无视至今为止缔结的条约,不通过沟通,单方面的禁止入住者招募的行为,我们表示抗议。

私たちは2018年度春期も入寮募集を実施します。来たれ、入寮希望者。

We will be accepting new dorm applications for spring 2018. We welcome your application.

我们决定照旧实施2018年度春季的入住者招募。欢迎你、新的入住者们。